『恋するマドリ』新垣結衣インタビューA

Q:共演した松田龍平さんや菊池凛子さん。
撮影現場ではどんな話をされていたんですか?


ほとんど龍平さんと一緒だったんですけどたいてい寝ていらっしゃいました(笑)。
特に演技については話さなかったです。
「学校を卒業できるか危ない」
「あ、そっか、頑張れ」とか(笑)。
もっと年上の方だと思ってたんですけど
実際は5歳しか離れていなくて、
話してみたら無邪気なところがある方でしたね。
それは凛子さんも同じで、最初は・・すごく大人な雰囲気で、
何を話したらいいのか分からなくなっちゃうんじゃないかと思ってました。
でも凛子さんはいつも心をオープンにしていて笑顔で
ウエルカムな雰囲気を出してくれてました。
だからいい意味でお2人ともイメージが崩れました(笑)。


2007081400103.jpg

Q:「わたしのこんなところを観てほしい!」というところはあります?

いえいえ……、わたしのことというよりも(笑)、
映画が全体的にとてもやんわりしている雰囲気です。
かといってうれしいとか、悲しいとか、そういうきれいなものばっかりじゃなくて、
うまくいかずにイライラしたり、やきもち焼いたり、
モヤモヤしたりする部分もきちんと出ていると思うんです。
きれいごとばかりじゃないところがとても好きです。


Q:この映画で“部屋のマドリ”について考えました?

実家を出て東京に来てからはちゃんと自分の部屋があるので
これをどうにか自分が落ち着く雰囲気にしたいな・・・と思って
頑張っているんですけど、なかなかうまくいかないんです。
センスがないから(笑)。
でも、最近一人暮らしをするようになってから
理想の部屋にすることができたました。
“部屋のマドリ”は気に入っています!


Q:では最後に今後の抱負を。

自分の意思をしっかりと持つ。
というか自分らしく楽しくやれたらそれでいいです(笑)。
何ごとも楽しいのが一番ですよね。


以上、新垣 結衣さんへのインタビューでした。

質問への回答はハッキリ答える、それがガッキーのいいところ。
見た目のかわいらしさももちろんのこと、
何ものにもとらわれていない自由な性格、
背伸びをしない謙虚な考え方が人気の秘密かもしれません。
今回の主演作『恋するマドリ』の公開後も、
『ワルボロ』『恋空』と連続して出演作が公開。
スクリーンでガッキーの元気な姿を観る機会も増えますね。
TVでシネマでガッキーと会えるのが楽しみです。

『恋するマドリ』新垣結衣インタビュー@

恋するマドリ』。
人生ではじめて一人暮らしを経験することになったヒロイン。
運命の出会いを通して成長する姿を描くラブストーリーを描写。

大九明子監督による女性の心をすくい取るような脚本。
カジュアルかつスタイリッシュなファニチャーや雑貨。
松田龍平、菊地凛子ら実力派キャストの競演も話題。

とりわけ“ガッキー”こと新垣結衣がヒロインを好演していることが
最大の注目ポイント。
人気急上昇中の新垣 結衣
映画初主演の感想や共演者とのエピソードについて話を聞いてみました。

2007081400102.jpg


Q:ヒロインのユイ役と新垣 結衣さん自身と共通する部分は?


基本的なプロフィールはほとんど一緒ですね。
多分、大九監督がわたしのイメージに合わせて作って下さった
キャラクターだからだと思います。
名前も一緒だし。
出身地も沖縄で一緒です。
絵を描くことが好きだという点も同じですね。


Q:役にはすんなりと入っていけました?

特別なことがないかぎり役作りはあまりしないんです。
そんなに構えたつもりはなかったんですけど
カメラマンさんがよく観ているから分かってしまうようです。
はじめのうちはやっぱり“芝居”をしようとして、
動かなきゃと思って動いている感じでしたね。
でも途中から、新垣結衣がユイになったのか、
ユイが新垣結衣に溶けたのか、
どちらかは分からないけど途中でそういう変化があったのを覚えています。


インタビューAに続く

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。